クリニック 徳

FaceBook

Access

Google

クリニック 徳

tel

fax

contact

鍼・アロマセラピー・フーレセラピー・微弱電流・整膚

現在、鍼を患者に行うことができるのは医師と国家資格をもつ鍼灸師のみです。鍼灸師になるためには鍼灸師養成施設で通常3年の学習の後、国家試験に合格しなくてはいけません。
医師は業務として鍼灸を行うことが可能ですが、現在、医学部教育において鍼灸の科目を置く大学はほとんど無く、鍼灸臨床を行うために必要なトレーニングの内容や時間数など法制度の整備もなされていません。
したがって、実際に鍼灸を行う医師数は非常に限られています。
日本での鍼灸 は長い歴史があるにも関わらず、その評価が高いとはいえません。

一方、アメリカでは鍼は日本よりもはるかに高い評価を得ていると言えるでしょう。
1970年代にニクソン大統領が中国を電撃訪問した折、 随行したニューヨークタイムズの記者が北京で虫垂炎に罹り、手術をうけています。手術後の 悪心嘔吐(むかむか)に鍼灸治療をうけたところ、劇的に症状がおさまったことに驚愕し、この記者が帰国後その顛末を記事にしました。この記事がアメリカに鍼灸が導入されるきっかけとなりました。
その後、アメリカ人医師のDr. Joeseph Helmus が鍼灸の研修を積むために フランスに渡りました。
帰国後、アメリカ鍼灸学会を設立し、鍼灸の教育と啓蒙に奔走するようになります。彼の著書(Acupuncture Energetics) は700ページに及びます。彼の指導のもと、アメリカ人医師を対象に毎年セミナーが開かれています。2週間、ホテルに缶づめになりながら、昼夜、鍼灸の講義、実習、試験に明け暮れます。
そして米国民の鍼灸の関心がたかまるに従い、ほとんどの大学病院に鍼灸クリニックが開設されています。

  • 鍼灸はどうして効くのか ー古典的解釈(中国伝統医学的解釈)
    • 『気』とは中国伝統医学の根幹となる大事な概念です。我々の身体には生命活動には不可欠のエネルギー(気)が循環しており、この体内の気の流れを良くし『陰と陽』のバランスをとることが重要とされています。
      気は不可視であり流動的であり 気が足りないこともまた余分にありすぎることも病気の原因とされています。
      この気の流れる経路を『経絡』と呼び、主な経絡は左右対象に6つ存在します。全身には、300カ所以上の『ツボ』がこの経絡上にあると考えられています。鍼灸はツボを刺激し気の流れを整え、臓器の調整を行い病気を改善させる方法と理解されています。
      ところが、これらの『気』『経絡』『ツボ』の存在は現代科学では未だ証明されていません。

      shinkyuu01_1

  • 鍼灸はどうして効くのか ー現代的解釈(西洋医学的解釈)
    • アメリカ国立衛生研究所のCAM研究センターでは、特に鍼治療の有効性に対する研究が重要視されています。
      CAM研究センターからの研究費の援助により 鍼治療の有効性の検討が全米の研究機関によりなされています。 身体の表面にある皮膚や筋肉には豊富に知覚神経が分布しています。これらの神経は大脳皮質の知覚神経中枢に、痛み、かゆみ、温感、冷感など様々な情報を送っています。
      そして、大脳皮質に至るまでの経路の途中で延髄、中脳、視床下部などの部位にも枝分かれしてその情報を送っています(脊髄視床路)。
      延髄 は自律神経系の中枢なので、皮膚や筋肉の知覚神経からの情報が自律神経の調節にも関係していることが容易に想像できます。
      鍼灸は細い針を身体の表面に挿入します。
      この手法により皮膚や筋肉に存在する知覚神経が刺激を受け、自律神経系の活動が影響を受けるものと考えられます。 このような観点から西洋医学的な手法を用い、鍼のメカニズムが解明されつつあります。
      古来より、膝下の『足の三里』は胃腸疾患に良く効く『つぼ』として有名です。実際この場所に鍼 をすると胃の運動が高まります。
      足三里への鍼により皮膚や筋肉の知覚神経が刺激され、その情報が脊髄を上行し延髄に入力されます。その結果、自律神経 (副交感神経)が興奮し胃運動が亢進 します。鍼の刺激により、 皮膚や筋肉の知覚神経からの情報が延髄をリレーし、 副交感神経を介して、内蔵機能の調節が行われているのです 。
      中国伝統医学では、鍼灸は『陰と陽』のバランスを調整すると言われていますが、『陰と陽』のバランスを『交感神経と副交感神経』のバランスと翻訳すれば、鍼灸の機序は理解が可能となります。 ハーバード大学のグルーは、MRIを用いた臨床研究で、鍼が脳内のモルヒネ様物質(オピオイド)を分泌する神経を刺激することを報告しています。
      鍼の鎮痛効果は有名ですが、これは鍼刺激によって、脳内からモルヒネ様物質が放出されているためと考えられます。
      加えて最近、鍼の刺激が視床下部にも及び、抗ストレスホルモンである『オキシトシン』を放出させることも解ってきました。

       

      shinkyuu01_2 shinkyuu01_3

  • 鍼灸の適応となる疾患
    • 肩こり、五十肩、腰痛、膝関節痛などの『慢性の痛み』にたいして、西洋医学では鎮痛剤、湿布などで対処しますが、その効果は顕著ではなく、きわめて限られています。鎮痛剤服用による胃痛や、湿布による皮膚炎などの副作用も時々あらわれます。西洋医学の不得手な領域です。これらの疾患には鍼灸が第一選択の治療法となります。鍼灸の効く理由は脳内から『モルヒネ様物質』の放出を促すためと考えられています。その他、高血圧、不眠、ストレス、うつ病、下痢、腹痛、アレルギー、脳血管障害後遺症などに効果があります。
      鍼灸が自律神経のアンバランスを整えること、免疫系を活性化させること、抗ストレスホルモンである『オキシトシン』を放出させることなどによると考えられています。鍼灸の鎮痛効果や、嘔吐抑制効果(むかむか止め)などから、癌の患者さんに対する緩和ケアにも用いられるようになっています。(緩和ケア

  • 『美容鍼』を始めました
    • カラダの内面からの健康的な美しさを追求する『美容鍼』を始めました。

      お肌のむくみが気になる方、小顔になりたい方。ニキビ しわ たるみ くま などでお悩みの方、ご遠慮なくご相談ください。

       月曜 水曜 金曜; 午後2−4時, 午後7−9時 完全予約制  6000円/1時間

      Slide1

       

  • ドクター徳による鍼治療の実際
    • 古典的な従来の鍼治療に加え、耳介への留置鍼(耳鍼)、頭部への鍼刺激(山元式新頭鍼療法;YNSA) 、圧痛点(トリガーポイント)への鍼刺激などの有効性も報告されています。ドクター徳は、これらの 鍼の手技を症状に応じて、組み合わせて使用しています。鍼治療で効果が現れてきた症状には、該当する投薬の減量や中止を指導しています。

       


      慢性疼痛

      1。60歳代、男性。腰痛で4年間、鎮痛薬、湿布、ホットパック、マッサージ、リハビリ等を受けるも軽快せず。<br>当院で腰部のトリガーポイントと『足三里』 (膝)に鍼を施行 (1回/週)。2度の治療で腰痛が半減し鎮痛薬の服用を中止した。時々、労作後に腰痛が増悪するため、引き続き通院中。

      2。50歳代、男性。肩関節周囲炎で3年間、鎮痛薬、湿布、電気治療等を受けるも軽快せず。当院で両肩のトリガーポイントと 『合谷』 (手)に鍼通電(10 Hz) を施行 (1回/週)。3度目の治療から痛みの軽減がみられ「10 (治療前)ー> 6(治療後)」、鎮痛薬を中止。農作業の後には、痛みが増強するので、鍼治療を続けながら経過観察中。

      3。70歳代、女性。腰椎椎間板ヘルニアによる、腰痛、左座骨神経痛、左足第1指の背屈障害あり。3ヶ月間投薬、牽引を受けるも軽快せず。当院で腰部のトリガーポイント、 『足三里』 (膝)、 『太衝』(足)に鍼を施行 (2回/週)。1ヶ月後、腰痛と座骨神経痛が軽減し、3ヶ月後にはMRI上椎間板ヘルニアも消失した。左足第1指の背屈障害は改善せず、漢方薬 (五積散)を投与しながら、引き続き経過観察中。

      4。70歳代、男性。腰椎椎間板ヘルニアによる、腰痛、右座骨神経痛あり。3年間、マッサージ、投薬、湿布を受けるも軽快せず。当院で腰部のトリガーポイント、 『足三里』(膝)、 『太衝』(足)に鍼を施行 (2回/週)。1ヶ月の間、治療効果が見られないため、耳鍼 (神門, 内分泌)の併用を開始。その1ヶ月間後より、腰痛と右座骨神経痛が著名に改善した。「10(治療前)ー>2(治療後)」。

      5。50歳代、女性。30年来の頑固な肩こりと頭痛あり。磁気ネックレス着用するも軽快せず。<br>当院で 『風池』(頸)と 『肩井』(肩)に鍼通電 (10Hz) を行う。直後より肩こりの著名な軽減がみられる。1回/週の鍼治療(計4回)により、肩こりが完治し、以後半年以上再発の兆候なし。頭痛薬も不要となった。

      6。60歳代、男性。30年前、事故で腰椎を骨折し、固定手術を受ける。その後も腰痛が持続し、他院で鎮痛薬(リリカ)を投与されたが、副作用が強く自己中止。当院で腰部のトリガーポイントと 『足三里』に鍼と灸頭鍼を施行 (1回/週)。3回目の施術から、腰痛の軽減が見られた。「10(治療前)ー>3(治療後)」腰痛のため今まで抱けなかった孫を抱ける様になったと喜んでおられる。

      7。70歳代、女性。5年前、左膝関節炎 で手術をうけるも膝の痛みは軽減せず。ビッコをひいて来院。膝のトリガーポイント、 『足三里』(膝)、 『委中』(膝)に鍼通電と灸(灸頭鍼)を施行 (1回/週)。1ヶ月後、左膝の痛みは7割程に軽減する。2ヶ月後にはビッコをひかなくなり、3ヶ月後には左膝の痛みはほとんど消失した。

       


      急性疼痛

      1。70歳代、男性。突然の 『ぎっくり腰』で来院。山元式新頭鍼療法(YNSA) のDポイント(前額部)に鍼を刺入し、15分間捻転を繰り返したところ、腰の痛みは完全に消失した。

      2。30歳代、男性。歩行中に転んで、右腰を強打し来院。山元式新頭鍼療法(YNSA) のFポイント(後頭部)に鍼を刺入し、15分間捻転を繰り返したところ、腰の痛みは完全に消失した。

      3。30歳代、女性。介護の仕事中、左足を大きく開いた際に左恥骨部に痛みが出現。 『恥骨炎』と診断し、トリガーポイントに鍼通電 (10Hz) を行う (1/週)。2回の通院治療で完治。

      4。40歳代、男性。1ヶ月前に 『ぎっくり腰』を発症し、その後も腰痛が持続。『明日山登りに行く予定なので、早く治してほしい』と来院。山元式新頭鍼療法(YNSA) のFポイント(後頭部)に鍼を刺入し、15分間捻転。加えて、腰部のトリガーポイントと 『足三里』(膝)に鍼通電(10Hz) を行う。その直後より腰の痛みが完全に消失。後日談では、山登りの最中、腰痛を全く感じなかった由。

       


      高血圧症

      1。40歳代、女性。数年来高血圧症(150−170/100−90)でアムロジピン (5 mg) 服薬中 。『風池』(頸)に鍼を刺入し、2−3分間捻転。その後、1回/週の通院治療で、血圧の低下(120−130/70−80)がみられ、アムロジピンを 2.5 mg に減量しながら、経過観察中。

       


      不眠症

      1。40歳代、女性。数年来、不眠症で眠剤を服用中。『風池』(頸)に鍼を刺入し、2−3分間捻転。その夜から、眠剤なしで爆睡(本人の弁)出来るようになった由。

       


      耳鼻科疾患

      1。80歳代、男性。5年来の難聴があるも補聴器の着用をためらっていた。『聴宮』(耳周囲)と山元式新頭鍼療法(YNSA) の耳点(前額部)に鍼を刺入し、2−3秒間の捻転を3−4分ごとに15分間施行した。その後、テレビの音量を28から24に減らせるようになった。

      2。70歳代、女性。数年来の耳鳴りで耳鼻科受診するも異常なしと言われていた。『聴宮』(耳周囲)への15分間の置鍼を週に1回のペースで施行したところ、2ヶ月後に、耳鳴りはほとんど消失した。

       


      皮膚科疾患

      1.30歳代、女性.幼少時より、全身のアオピー皮膚炎があり、ステロイドの軟膏を使用していたが緩解と増悪をくりかえし、脱ステロイドを希望して来院。『合谷』『足三里』『太衝』『三陰交』などに置鍼を週に1回のペースで施行したところ、2ヶ月後に、皮膚の湿疹がほぼ完全に消失した。

私たちの身体の軟部組織(骨組織を除く支持組織)を人の手でもみほぐし健康増進を図るための「マッサージ」は、その歴史をたどれば数千年前に遡ることができます。マッサージは地球上の各地域(中国、エジプト、ギリシャ、インド、日本、ローマなど)で栄えた古代の文化の一部であり、多くの場合、医療行為と見做されてきました。 人々はマッサージに、「くつろぎ」「健康感」「心の安定や痛みの軽減」を求めています。

当院では3つのタイプのマッサージをご利用になれます (要予約)。
  1. 1.通常のマッサージ(手でもむタイプ)(木曜日,午前9時−午後1時)
  2. 2.フーレセラピー(足で踏みほぐすタイプ)(火曜日,午前9時−午後1時)
  3. 3.アロマセラピー(香りの良い植物の精油を用いるタイプ)(月曜日,午前9時−午後1時)

アロマセラピーはペパーミント、マージョラム(シソ科の多年草)、バラなどの香りのよい植物の精油を使い、健康障害を取り除き生活の質を向上させるのを助けます。香りが私たちの情動と関係するのは、香りが大脳に達したときその分析(選り分け)に扁桃体が関わるからなのです。このようなことから現在、アロマセラピーの薬理学的効果への関心が高まりつつあります

パーシャルボディトリートメント
45分10,000円

お疲れの箇所を集中的に揉みほぐします。
ご希望のパーツを当日セラピストにご相談ください。

詳細
コンサルテーション→トリートメント[1,背中・ヒップ 2,足全体 3,両腕・肩周り4,フェイシャル・デコルテ]→ハーブティ
フルボディトリートメント
60分12,000円

お身体をじっくり深く揉みほぐすことで、筋肉の質を高め、血行を促進し、体に活力を与えます。

詳細
コンサルテーション→トリートメント[背中・ヒップ・足全体 ・腹部・両腕・デコルテ]→ハーブティ
フェイシャル&ボディトリートメント
90分15,000円

お顔と体全身を丁寧に揉みほぐします。
自律神経のバランスを整え、日々の疲れやストレスを和らげます。

詳細
コンサルテーション→トリートメント[背中・ヒップ・足全体 ・腹部・両腕・デコルテ・フェイシャル]→ハーブティ

英国IFA・IFPA認定アロマセラピスト/日本アロマセラピー福祉サポート協会 理事長 /株式会社木花 代表取締役社長

1998年に英国に留学、2000年にIFAディプロマ取得。世界各地でロミロミ・リンパドレナージュ・ホットストーン・ヘッドスパ
リフレクソロジーを習得。
2014年にIFPAディプロマ取得。毎年、欧州の専門学校でアドバンスコースの受講や、医療施設(英国ロイヤルフリーホスピタル等)での 院内研修を受け、補完療法としての取り組みを研究しております。

フーレセラピーは、手で揉むかわりに足で優しく踏みほぐすマッサージです。セラピストの足であらゆる角度から筋肉をほぐします。 足の面で均一に刺激するため、力が分散されて痛みがなく、身体に無理がかかりません。
手で揉むのとは違った柔らかい感触で、つい眠ってしまうほど気持ちがいいです。
凝りや痛みの解消、冷え性やむくみ、生理痛、便秘、内臓のトラブル、肌荒れの改善、疲労回復に、また心地よくリラックスできるので、ストレス解消にもお勧めです。

日時

毎週火曜日 午前9時〜午後1時 要予約

担当

竹内温子(Averla)

場所

クリニック徳

費用

8,000円(60分),12,000円(90分)

微弱電流は、怪我や痛みといったものに対して治療効果が最も高い
といわれている治療法です。微弱電流といっても、実際に体に流し
ても何も感じないくらいのかすかな電流なので、安心して使用で
きます。疼痛の緩和・自然治癒力を高める・体の細胞を活性化と
いった効果があることから、プロのスポーツ選手や治療に利用したり、 多くの交通事故専門治療院が導入しています。

1.表在温熱+遠赤外線+深部温熱のトリプル温熱

2.自律神経をパルス光で調節

B-sync

診察時間

contact

   
午前(9時〜13時) 医師 高橋徳 高橋徳 高橋徳 休診 高橋徳 高橋徳
鍼治療 高橋徳  大木理央 高橋徳  大木理央 高橋徳  大木理央 休診 高橋 徳  大木理央 高橋徳  大木理央 佐光由起恵
午後(16時〜19時) 医師 高橋徳 高橋徳 高橋徳 休診 高橋徳 休診
鍼治療 高橋徳  大木理央 竹村美紀 高橋徳  大木理央 高橋 徳  竹村美紀 休診 高橋徳  大木理央 休診
アクセス情報

アクセス