クリニック 徳

FaceBook

Access

Google

クリニック 徳

tel

fax

contact

統合医療とは

統合医療とは?

medical_img

『西洋医学』と『東洋医学』には長所もあれば短所もあります。それぞれの長所を取り入れ、お互いの短所を補い合うような医療、これを『統合医療』といいます。『統合医療』は通常の『西洋医学』に『東洋医学』や『伝統医学』などの『補完代替医療』を加えることによって、病気の早期発見や予防、根治、健康維持の増進などを目指す新しいタイプの医療体系です。米国では Integrative Medicineと呼ばれ、最近、各地の大学病院にIntegrative Medicineを標榜する専門クリニックが誕生しつつあります。しかしながら、日本の医療は漢方や鍼灸などの伝統医療を擁しながら、明治以降軽視する傾向が続き、現在は西洋医学一辺倒の医療が主流を占めています。

東洋医学

『伝統中国医学』は、中国において発展し、朝鮮半島や日本に伝わりそれぞれ独自の発達を遂げてきました。
伝統医学の総称で『東洋医学』とも呼ばれています。明治維新以前は、日本では西洋医学に類しない『漢方』や『鍼灸』治療などをもとにした東洋医学による伝統医療が行われてきました。
維新以後は急速に西洋医学が導入され、日本の伝統医療は衰退してきていました。一方で、現代の西洋医学だけでは物足らず、民間の鍼灸や整体などの治療院も依然として根強い支持を得ているのも事実です。
米国では最近、西洋医学の視点から東洋医学の治療効果を評価しようという動きが起きています。最近の内外の研究により鍼灸や漢方の有効性が科学的に証明されつつあります。

補完代替医療 -米国の現況-

『補完代替医療』とは、通常の医療を補完、相補する医療という意味が込められた用語です。米国では Complementary and Alternative Medicine( CAM)の名称が使われています。鍼灸、漢方薬、指圧、気功、マッサージ、ヨガ、カイロプラクティックなど, 西洋医学の範疇に属さない療法を総称して CAM と呼んでいます。1992年、国民の関心の高さを背景としてアメリカ国立衛生研究所(National Institutes of Health: NIH)にアメリカ国立補完代替医療センター(NCCAM;http://nccam.nih.gov)が設置されました。2005年にはNCCAMに1億2000万ドルを超える研究費が費やされ、その額は年々増加の傾向にあります。NCCAMの資金で全米の15の大学に種々のCAMのセンターが創設され、それぞれの大学の得意とする分野でCAM医療の研究が始められました。その研究内容の概要はCAM医療が、本当に効果があるのかという臨床研究と、いままで神秘的とされてきた CAMのメカニズムに関して、科学のメスをあてようという試みの両者があります。

近年、米国において一度はCAMを受けたことがあるという成人が50%に達し、補完代替医療が一般的となってきています。調査では、学歴が高い人や知識人層など時代を先導してゆくとされる人たちほど、補完代替医療を評価し積極的に利用しているということも明らかになっています。数年前に、『ニューズウィーク』という週刊誌に補完代替医療の特集号が掲載され、全米の医療施設における種々のCAM療法の現況が紹介されています。

従って、うつや不安などの心の病を身体的なアプローチ(鍼、マッサージ)で癒す事が出来ます。逆に、慢性疼痛、消化器病、循環器病などの身体の病を心的なアプローチ(瞑想)で治す事も可能となります。もちろん、心の病に 心的なアプローチ や身体の病に身体的なアプローチも可能です。

統合医療的アプローチはこれらの効果 (抗うつ作用, 鎮痛作用,自律神経機能改善作用)により、癌患者のターミナルケアにとっても有効な手段となり得るでしょう。

統合医療の適応

抗不安作用

視床下部 のオキシトシンがストレス軽減に大きく関与しています。瞑想, ヨガ、太極拳による精神集中は前頭葉に直接作用して、その機能異常を補正してくれます。前頭葉の機能が正常化することにより、視床下部のオキシトシン神経への指令が亢進するのです(トップダウン効果)。一方で、鍼やマッサージは、末梢の知覚神経の刺激を経て、視床下部のオキシトシン神経の活性を高めます(ボトムアップ効果)。この両者(トップダウン効果とボトムアップ効果)により、オキシトシン産生が高まり、うつや不安の解消が期待できます。

 

medical_img011

鎮痛作用

中脳のオピオイドは鎮痛作用に関与しています。瞑想, ヨガ、太極拳による前頭葉の機能の正常化に伴い、そのトップダウン効果は中脳のオピオイド 神経にも及びます。鍼やマッサージも、末梢の知覚神経刺激を経て、中脳のオピオイド活性を高めます(ボトムアップ効果)。この両者の効果で、オピオイド産生が高まり、痛みが軽減されます。

自律神経機能の改善作用

瞑想, ヨガ、太極拳による前頭葉の機能の
正常化により、そのトップダウン効果は延髄にも及びます。鍼やマッサージも、末梢の知覚神経の刺激を経て、延髄に働きます(ボトムアップ効果)。この両者の作用で、自律神経機能の改善が期待できます。循環器や消化器は自律神経の調節を受けているので、改善された自律神経機能は循環器や消化器疾患の治療に有益です。

診察時間

contact

   
午前(9時〜13時) 医師 高橋徳 高橋徳 高橋徳 田中佳 高橋徳 高橋徳
鍼治療 高橋徳 大木理央 高橋徳 大木理央 高橋徳 大木理央 大木理央 高橋 徳 大木理央 高橋徳 大木理央 佐光由紀恵
午後(16時〜19時) 医師 高橋徳 休診 高橋徳 休診 高橋徳 休診
鍼治療 高橋徳 大木理央 竹村美紀 休診 高橋 徳 大木理央 竹村美紀 休診 高橋徳 大木理央 休診
アクセス情報

アクセス